創建1250年記念「奈良 西大寺」展 叡尊と一門の名宝

【東京展】三井記念美術館 2017年4月15日(土)〜6月11日(日)

【大阪展】あべのハルカス美術館 2017年7月29日(土)〜9月24日(日)

【山口展】山口県立美術館 2017年10月20日(金)〜12月10日(日)

お知らせ

展示替えをしました。

重要文化財 黒漆舎利厨子(部分)奈良・不退寺
重要文化財 黒漆舎利厨子(部分)奈良・不退寺
山口展は、後期に展示替えをしました。写真は見どころの1つ、黒漆舎利厨子の裏側に描かれた涅槃図です。

山口展にて「興正菩薩忌」ご法要が行われました。

「興正菩薩忌」ご法要
法要の様子
岩船寺・植村幸雄ご住職が導師となり、山口展にて「興正菩薩忌」ご法要が執り行われました。

山口展が開幕しました。

開会式の様子-管長
開会式の様子
講演会の様子-テープカット
開会式の様子
法要の様子
法要の様子
内覧会の様子
内覧会の様子
山口県立美術館にて、山口展が開幕しました。
開幕に先立ち、法要と開会式、内覧会を行いました。

大阪展は終了いたしました。

9月24日で、大阪展は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

9月10日(日)に講演会を行いました。

講演会の様子 揮毫の様子
講演会の様子(左)、揮毫の様子(右)
9月10日(日)あべのハルカス25階会議室にて、真言律宗教学部長、元興寺住職、辻村泰善師の講演会「叡尊と太子信仰」を行いました。 講演会終了後、本展図録をご購入いただいた方に辻村師が揮毫(きごう)しました。

「大和四神めぐり」西大寺散華&散華帖プレゼントのご案内

「大和四神めぐり」西大寺散華プレゼント 「大和四神めぐり」西大寺散華プレゼント
(写真左)散華表面 (写真右)西大寺本堂でいただけるご朱印
散華帖
9月1日(金)より10日間限定で毎日先着20名様、あべのハルカス美術館ミュージアムショップにて図録を含めて税込3,000円以上お買い上げ頂いた方に、「大和四神めぐり」西大寺散華&散華帖をプレゼントします。
散華は記念品としてお持ち帰りいただくこともできますが、ご購入の際にお渡しするご案内状とともに総本山西大寺本堂にご持参いただくと、散華の裏面にご朱印をいただく事ができます。ただし、ご朱印代200円(通常300円)が別途かかります。(平成29年10月末まで。本堂を拝観される方は別途400円の拝観料が必要です。)

「奈良 西大寺展」×「チャオプレッソあべのハルカス店」コラボ 恋愛成就カプチーノセットを販売!

なりきり写真館 なりきり写真館
「奈良 西大寺展」×「チャオプレッソあべのハルカス店」コラボ 恋愛成就カプチーノセット
愛染明王アートの「恋愛成就カプチーノセット」をあべのハルカス17階「チャオプレッソあべのハルカス店」で販売中(9月24日まで)。
愛染明王は、恋愛、縁結び、家庭円満などをつかさどる秘仏として古くから信仰されています。
あべのハルカス美術館で「愛染明王坐像」の鑑賞とともに是非お立ち寄りください。

8月27日(日)、西大寺にて大茶盛式を行いました。

なりきり写真館 なりきり写真館
大茶盛式の様子
奈良・西大寺にて、大茶盛式体験を開催しました。隣席の方にお茶碗を支えてもらいながら一杯のお茶をまわし飲む体験は、自然と笑いがこぼれる和やかなイベントになりました。

8月26日(土)、声明を行いました。

なりきり写真館 なりきり写真館
声明の様子
あべのハルカス25階会議室にて、西大寺・佐伯俊源師による声明解説の講演後、真言律宗一門の寺院が集い、あべのハルカス美術館前で声明を行いました。

8月12日(土)、13日(日)なりきり写真館を行いました。

なりきり写真館 なりきり写真館
なりきり写真館の様子
天平衣装を着て、せんと君と一緒に記念撮影しました。

8月6日(日)に講演会を行いました。

講演会「住吉大社(津守家)と真言律宗」
講演会の様子
8月6日(日)あべのハルカス25階会議室にて、真言律宗宗務長、荘厳浄土寺住職の松村隆誉師の講演会「住吉大社(津守家)と真言律宗」を行いました。

7月30日(日)にトークショー&講話を行いました。

講話 トークショー トークショー トークショー
海龍王寺住職、石川重元師による講話(左上)と、みうらじゅん氏・いとうせいこう氏によるトークショーの様子
7月30日(日)、堂島リバーフォーラムにてトークショー&講話を行いました。

7月28日(金)に開会式を行いました。

記者説明会 開会式
開会式の様子(左)、特別法要の様子(右)
7月29日(土)の開催に先駆け、7月28日(金)に開会式を行いました。

みうらじゅんさんが「吉祥天立像」とご対面

みうらじゅん×吉祥天立像 みうらじゅん×吉祥天立像
仏像フリークとして知られるイラストレーター、みうらじゅん氏が”心の恋人”と呼ぶ「吉祥天立像」とご対面。寺内の公開では見ることができない背面もじっくりご覧になりました。
本日発売の週刊文春、みうらじゅん氏のコラムにも取材の様子が掲載されています。

東京展は終了いたしました。

6月11日で、東京展は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

みうらじゅんさん、いとうせいこうさん監修のオリジナルグッズが登場!

奈良マルシェ1 奈良マルシェ2
三井記念美術館1階エントランス・奈良マルシェでの販売の様子
大阪展での発売を前に、三井記念美術館1階エントランス・奈良マルシェにて先行販売いたします。(6月11日まで)

秘仏「吉祥天立像」(京都・浄瑠璃寺)の6日間限定公開に向けて、プレス発表会を行いました。

プレス発表会1 秘仏「吉祥天立像」(浄瑠璃寺)
プレス発表会の様子
秘仏「吉祥天立像」(京都・浄瑠璃寺)は、東京展にて6月6日〜6月11日までの6日間、期間限定で公開されます。

「大茶盛式」を開催しました。

記者説明会 開会式
大茶盛式の様子
創建1250記念「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」の開催を記念して、「大茶盛式」を5月3日(水・祝)にコレド室町3「橋楽亭」にて開催いたしました。叡尊上人がはじめ、現在も西大寺で続く伝統行事を特別に体験いただきました。5/19(金)の同イベントは前売券発売中です。

記者説明会と開会式を行いました。

記者説明会 開会式
記者説明会の様子(左)、開会式の様子(右)

音声ガイドスペシャルナビゲーターに市川海老蔵さんが出演。ご本人よりコメントが到着しました。

第2回奈良古典芸能フェスティバル 西大寺市川海老蔵奉納舞踊特別公演
「第2回奈良古典芸能フェスティバル 西大寺市川海老蔵奉納舞踊特別公演」より(写真提供/SAP)

音声ガイドスペシャルナビゲーターに市川海老蔵さんが出演。ご本人よりコメントが到着しました。

市川海老蔵この度、「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」の音声ガイドのご案内役をつとめさせていただくことになりました。
なぜ市川海老蔵なのかとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、西大寺様と市川家には、江戸時代の二代目海老蔵(二代目團十郎)以来のご縁があります。
二代目海老蔵は、1754年に西大寺様の愛染明王像が江戸で出開帳された際に、その容姿・化粧をかたどった隈取で「矢の根」の曾我五郎を演じて好評を博しました。江戸の人々の人気を得た「矢の根」は後に歌舞伎十八番のひとつとなっています。出開帳終了後には、公演好評の御礼として西大寺様に矢の根の絵馬を奉納しました。
そうした歴史的なご縁もあり、2013年には私、十一代目海老蔵が西大寺様境内にて奉納公演をさせていただきました。その際には、現存している矢の根の絵馬も拝見し、市川家の歴史、そして西大寺様との関わりについて改めて思いを致したことをよく覚えています。
今回の展覧会では、秘仏である愛染明王坐像が東京・大阪・山口を回るほか、数々の貴重な仏教美術が公開されるとのこと、是非多くの方々にご観覧いただければと思っております。
PAGE TOP