創建1250年記念「奈良 西大寺」展 叡尊と一門の名宝

【東京展】三井記念美術館 2017年4月15日(土)〜6月11日(日)

【大阪展】あべのハルカス美術館 2017年7月29日(土)〜9月24日(日)

【山口展】山口県立美術館 2017年10月20日(金)〜12月10日(日)

西大寺と叡尊上人

西大寺とは

西大寺は、奈良時代に創建された官大寺を総称する「南都七大寺」の一つに数えられ、2015年に創建1250年を迎えました。奈良時代、聖武天皇・光明皇后の後を継いだ娘帝の称徳天皇が「鎮護国家」の思いを込めて開創し、東大寺などと並び称される寺格を誇りました。中世・鎌倉時代には、稀代の高僧・叡尊(えいそん)が出て、密教において戒律を重視した教え(後の”真言律“)を広め、「興法利生(こうぼうりしょう) 」をスローガンに独自の宗教活動を推進しました。その弟子の忍性(にんしょう)は東国に赴き貧者・病人の救済にあたり、また後世には、江戸時代に大和生駒山・宝山寺を開いた湛海(たんかい)らの活躍などによって発展し、数多くの仏教美術の名品をいまに伝えています。

西大寺東塔跡と本堂
西大寺東塔跡と本堂(重要文化財)
  • 真言律宗総本山 西大寺 公式ホームページ

叡尊上人とは

荒廃した西大寺を鎌倉期に再興する中興の祖・叡尊上人(1201~1290)は、若くして真言密教を学び、同寺に入住します。

精力的な活動の傍らで、京都・清凉寺の釈迦如来立像の模刻、愛染明王坐像や大黒天像などを発願し弟子や仏師と共に彫り上げ、現代も続く「光明真言会」や「大茶盛」を始めるなど、西大寺独特の文化をつくり上げました。

没後、正安2年(1300)興正菩薩の号を賜りました。

【国宝】「興正菩薩坐像」(奈良・西大寺)
国宝「興正菩薩坐像」(奈良・西大寺)

叡尊が作り上げた文化

光明真言会

光明真言会

叡尊上人が一門結束と民衆廻向を二大眼目として創始しました。僧衆、市民、信徒が集い、一切の罪が消滅するとされる光明真言を唱える光明真言会(光明真言土砂加持法会〈こうみょうしんごんどしゃかじだいほうえ〉)は真言律宗一門の最重要法会で、1264年以来連綿と続き現代も10月3~5日の3日間、毎年厳修される昼夜不断の法要です。

大茶盛式

大茶盛式

叡尊上人が八幡神社に献茶した余服を民衆に振る舞ったことに由来する伝統行事です。現在は毎年2回、4月第二日曜日とその前日、10月第二日曜日に開催されます。「戒律復興」をめざした叡尊上人が不飲酒戒の実践として酒盛の代わりに「一味和合(いちみわごう)」の茶盛としたことと、「民衆救済」の一貫として当時は高価な薬と認識されていた茶を民衆に施すという医療・福祉の実践という二つの意義によって、1239年以来八百年近く受け継がれてきた茶儀です。

叡尊年表

  • 建仁元年(1201) 大和国添上郡箕田里(現・大和郡山市白土町)で興福寺学侶慶玄の子として誕生
    醍醐寺叡賢阿闍梨入室、出家
  • 文暦元年(1234) 戒律復興の志を立てる
  • 文暦二年(1235) 西大寺へ入住
  • 嘉禎二年(1236) 東大寺で自誓受戒を果たし菩薩比丘となる
    以後、一時的に海龍王寺(奈良)へ入住
  • 嘉禎四年(1238) 西大寺に帰住。「真言律」の根本道場として西大寺を復興、「興法利生」をスローガンに活発な宗教活動を推進する
  • 延応元年(1239) 鎮守八幡宮へ献茶した余服を参詣の人々に振舞い、「大茶盛式」が開始される
  • 弘長二年(1262) 鎌倉にて北条時頼(鎌倉幕府第5代執権)等に受戒
  • 文永元年(1264) 光明真言会を開始
  • 弘安三年(1280) 叡尊上人八十歳寿像「興正菩薩坐像」造立
  • 弘安四年(1281) 岩清水八幡宮にて「弘安の役」祈祷
  • 正應三年(1290) 入滅
  • 正安二年(1300) 亀山法皇院宣、後伏見天皇綸旨にて「興正菩薩」号を勅賜
画像提供:奈良国立博物館
国宝「興正菩薩坐像」(奈良・西大寺)……撮影:森村 欣司
PAGE TOP