創建1250年記念 奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝

重要文化財「塔本四仏坐像」(部分、奈良・西大寺)

重要文化財「塔本四仏坐像」(部分、奈良・西大寺) 釈迦如来【大阪】【山口】
重要文化財「塔本四仏坐像」(部分、奈良・西大寺)阿弥陀如来【大阪】【山口】
重要文化財「塔本四仏坐像」(部分、奈良・西大寺) 阿閦如来【大阪】【山口】
重要文化財「塔本四仏坐像」(部分、奈良・西大寺) 宝生如来【大阪】【山口】
塔本四仏坐像 釈迦如来【大阪】【山口】
塔本四仏坐像 阿弥陀如来【大阪】【山口】
塔本四仏坐像 阿閦如来【大阪】【山口】
塔本四仏坐像 宝生如来【大阪】【山口】

【東京展】三井記念美術館 2017年4月15日(土)〜6月11日(日)

【大阪展】あべのハルカス美術館 2017年7月29日(土)〜9月24日(日)

【東京展】山口県立美術館 2017年10月20日(金)〜12月10日(日)

2017年、

西大寺と一門の至宝が全国3会場を巡回

お知らせ

みどころ

 西大寺は、奈良時代に創建された官大寺を総称する「南都七大寺」の一つに数えられ、2015年に創建1250年を迎えました。奈良時代、聖武天皇・光明皇后の後を継いだ娘帝の称徳天皇が「鎮護国家」の思いを込めて開創し、東大寺などと並び称される寺格を誇りました。中世・鎌倉時代には、稀代の高僧・叡尊(えいそん)が出て、密教において戒律を重視した教え(後の”真言律“)を広め、「興法利生(こうぼうりしょう) 」をスローガンに独自の宗教活動を推進しました。その弟子の忍性(にんしょう)は東国に赴き貧者・病人の救済にあたり、また後世には、江戸時代に大和生駒山・宝山寺を開いた湛海(たんかい)らの活躍などによって発展し、数多くの仏教美術の名品をいまに伝えています。

 本展では、西大寺をはじめ一門の各寺院に伝わる超一級の彫刻・絵画・工芸品など優れた仏教美術を紹介します。西大寺と一門の名宝がまとめて公開されるのは、1990~91年の「西大寺展」(奈良・東京を巡回)以来、四半世紀ぶりのことになります。

国宝「興正菩薩坐像」(奈良・西大寺)
国宝「興正菩薩坐像」(奈良・西大寺)
荒廃した西大寺を鎌倉期に再興する中興の祖・叡尊上人(1201~1290)は、若くして真言密教を学び、同寺に入住します。精力的な活動の傍らで、京都・清凉寺の釈迦如来立像の模刻、愛染明王坐像や大黒天像などを発願し弟子や仏師と共に彫り上げ、現代も続く「光明真言会」や「大茶盛」を始めるなど、西大寺独特の文化をつくり上げました。没後、正安2年(1300)興正菩薩の号を賜りました。
東京大阪山口

総本山西大寺の寺宝を一堂に

 創建1250年を記念し、西大寺蔵の彫刻や絵画、工芸、古文書など国宝、重要文化財を含む名宝の数々を公開します。新たに国宝に指定された「興正(こうしょう)菩薩坐像」と重要文化財「愛染明王坐像」が3会場を巡回するほか、重要文化財「文殊菩薩四侍者像」が東京展・山口展を巡回します。大阪展では「塔本四仏坐像」を4体揃えて展示します。

重要文化財「西大寺伽藍(がらん)絵図」(奈良・西大寺)
重文「西大寺伽藍(がらん)絵図」(奈良・西大寺)
大阪山口

真言律宗一門の諸仏と宝物

 京都・浄瑠璃寺の秘仏、重要文化財「吉祥天立像」を東京展・大阪展にて期間限定で公開します。また、重要文化財「聖徳太子立像(孝養像)」(奈良・元興寺)、重要文化財「五大明王像(厨子入)」(奈良・宝山寺)、重要文化財「文殊菩薩騎獅像」(奈良・般若寺)をはじめ、真言律宗一門から選りすぐりの寺宝を展示します。

地域性も豊かな展示構成

 鎌倉時代以降、東国・畿内・瀬戸内や九州に至る真言律宗の地域的な広がりと信仰のかたちを3会場独自の展示構成で紹介。当時の僧侶や関係者の足跡を辿ります。

展覧会概要

東京展2017年4月15日(土)~6月11日(日)三井記念美術館

東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階(ハローダイヤル 03-5777-8600)
http://www.mitsui-museum.jp/MAP
主催:真言律宗、総本山西大寺、三井記念美術館、日本経済新聞社、BSジャパン

大阪展2017年7月29日(土)~9月24日(日)あべのハルカス美術館

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階(TEL 06-4399-9050)
http://www.aham.jp/MAP
主催:真言律宗、総本山西大寺、あべのハルカス美術館、日本経済新聞社、テレビ大阪、BSジャパン

山口展2017年10月20日(金)~12月10日(日)山口県立美術館

山口県山口市亀山町3-1(TEL 083-925-7788)
http://www.yma-web.jp/MAP
主催:真言律宗、総本山西大寺、山口県立美術館、日本経済新聞社、BSジャパン

※出品作品は変更となる場合があります。
※各会場とも会期中に展示替えを行います(出品作品により展示期間が異なります)。

重要文化財「愛染明王坐像」(奈良・西大寺)
重文「愛染明王坐像」(奈良・西大寺)
西大寺愛染堂の秘仏本尊であり、現在も美しい彩色を留めています。宝治元年(1247)叡尊と弟子たちは、西大寺に三宝(仏・法・僧)が永く伝えられることを求めて発願・結縁し、仏師善円(善慶と同一人物)が造立しました。この年は叡尊が僧堂を造営した年に当たり、当初は叡尊が三宝久住の強い願いをこめて僧堂に安置したと考えられています。
東京大阪山口
画像提供:奈良国立博物館
重要文化財「塔本四仏坐像」(部分、奈良・西大寺)……撮影:森村 欣司
国宝「興正菩薩坐像」(奈良・西大寺)……撮影:森村 欣司
重要文化財「西大寺伽藍絵図」(奈良・西大寺)……撮影:森村 欣司
重要文化財「愛染明王坐像」(奈良・西大寺)……撮影:森村 欣司
PAGE TOP